廃車になった車でも買取をしてくれる専門業者とは

事故や故障などで、自家用車が廃車になってしまった場合、通常は処分するしかありませんが、廃車を買取してくれる専門の業者があります。通常の廃車手続きでは、解体費用や登録抹消費用などがかかります。解体費用は数万ほど、登録抹消費用は普通車で約1万から3万円程です。そのため、合計にして1万前後、高い場合には4万円程度の費用がかかることになります。

ところが、買取専門業者の場合には、ボロボロになってしまった車でも高ければ数万円程度で引き取ってくれるのです。何故買取をしてくれるのかと言うと、ボロボロになった車でも、金属部分をリサイクル資源として利用したり、まだ使えるパーツを再利用することによって買取が出来るという訳になります。しかし、専門業者はインターネットなどで調べると多くの業者が出てきますので、もし利用する場合には、まずは無料で見積もりが出来る業者を選び、複数の業者の中から信頼できる査定と対応をしてくれる所を選ぶと失敗せずに済むでしょう。買取価格は業者によって変動がありますが、再利用できるパーツが多かったり、金属部分の状態が良ければそれだけ値段は上がります。

状態が良ければ10万円近くの値段が付く場合もあり、ボロボロになってしまった車でも数万円前後になります。まだ使用できるパーツを再利用したり、資源として使われることによってエコにも繋がり、多少のお小遣いに変わる可能性もあるため、メリットも多いです。タイヤ交換の持ち込みのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.