バイクの種類について

バイクには多くの種類があります。まず、レーサーレプリカです。最近ではスポーツやスーパースポーツとも言われ、ハンドルの位置が低いのでライディングポジションが前傾姿勢になります。体重移動が容易で、カーブに強いです。

レースで使われるバイクをそのまま一般仕様にして販売しています。車体はシングルシートでフルカウルです。実際に乗ると見た目より軽いため、直線でもスピード感を楽しめます。しかし前傾姿勢で力の入れ具合にコツが掴めないと、長時間のライディングや車通りの多い街では運転に苦労します。

車幅は狭いですが、シート高が高いので身長の高い人に向いています。また上手く乗るためには、ある程度技術が必要なので、初心者はあまり楽しめません。次にツアラーは、遠出するのに適したバイクです。タンデムシートが付いており、ハンドル位置も高めです。

ライディングポジションが楽なので、長距離が苦になりません。カウルによる防風効果も期待できます。輸入バイクだとBMWが有名です。現行モデルで国産だと、中型ツアラーはやや少ないですが、中古市場で多く出回っています。

威圧感や安定感を好む人は、400cc以上がおすすめです。90年代に流行ったので、現在安くで購入できるツアラーがあります。そして、バイクの正統派として知られるのが、ネイキッドです。ワインディングやスピードの性能が高いのが特徴です。

ただしカウルがないので、走ると風を直接受けることになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.